• 政策×テクノロジーで

    社会課題を解決するインフラを創る

    テクノロジーはいつの時代も「限られた人たちの特権を大衆に開放する」という役割を果たしてきました。

     

    活版印刷は知識を、家電は専属の家政婦さんを、Amazonは全世界への販売ネットワークを、Youtubeは放送権を。

     

    「政策に影響を及ぼす力」だって同じです。政策の受益者・当事者である一人ひとりの国民が、政策決定に大きな影響を与える時代が近いうちに必ずやってきます。

     

    私たちはあらゆる政治勢力と適切な距離感を保ち、イデオロギーではなく「イシュー」を軸にした政治参加インフラを創ることでその変化を促進し、様々な社会課題を解決していきます。

     

    • issuesとは?

      当社(または連携企業・団体)が設定した政策について、サイト上で人々が登録した賛否とメッセージを地元の市区町村議員にお届け。

       

      その政策に共感する議員の方が、issues上で地元住民とやりとりしながら政策実現に向け尽力して頂くというWebサービスです。

       

      2019年3月にサービス提供を開始し、現在は市区町村あたり10人のユーザーが登録された段階で地元の市区町村議員の方にご利用いただけるようになっています。

    • 会社概要

      株式会社issues (旧:株式会社LobiLobi)

      会社名

      2018年8月8日

      設立日

      東京都港区赤坂1-12-32アーク森ビル31階

      本社オフィス

      代表とCTOが100%保有

      株主構成

    • 代表プロフィール

      廣田達宣 / Tatsunori Hirota

      1988年生まれ、慶應義塾大学経済学部卒業。

       

      大学卒業と同時に株式会社マナボ(現:SATT AI ラボ株式会社)を取締役として創業。ベネッセ・Z会などと提携し、スマホ家庭教師manabo事業の立ち上げに5年間従事(同社は駿台予備校グループに売却)。

       

      仕事熱心な妻へのプロポーズの1ヶ月前に「保育園落ちた日本死ね」という記事を読んだ事がきっかけで「未来の自分たち夫婦の課題を解決する事業を立ち上げる」事を決意。

       

      その後、保育領域を学ぶため認定NPO法人フローレンスに転職。文京区・子育て支援課職員らと共に、官民連携事業「こども宅食」の立ち上げに従事。また保育士資格を取得して、保育士として半年にわたり園で勤務。

       

      2018年に同団体を退職後に㈱LobiLobiを創業。保育領域を含めた様々な社会課題の当事者の声を地元の政治家に届け、解決につなげる「くらしの悩みを解決するWebサービス issues」の立ち上げに従事しています。

       

      Facebookアカウント

      Twitterアカウント

    • 新着情報

      大田区議会議員の方々向けの登録受付を開始しました

      2019/9/12

      issuesでは有権者ユーザーの登録が10人に達した自治体から順に市区町村議員向けの登録をご案内しております。現在は以下の自治体で議員の方々のご登録を受け付けております。

       

      ・渋谷区 区議会議員
      ・中野区 区議会議員
      ・世田谷区 区議会議員

      ・新宿区 区議会議員

      ・大田区 区議会議員(New!!)
       
      既に複数の会派の議員の方々にご登録いただき、地元の有権者の方々とのコミュニケーションにご活用頂いております。
       
      詳細・利用申込みは以下をご確認ください。
      https://the-issues.jp/seijika.html

       

      新宿区議会議員の方々向けの登録受付を開始しました

      2019/9/1

      issuesでは有権者ユーザーの登録が10人に達した自治体から順に市区町村議員向けの登録をご案内しております。現在は以下の自治体で議員の方々のご登録を受け付けております。

       

      ・渋谷区 区議会議員
      ・中野区 区議会議員
      ・世田谷区 区議会議員

      ・新宿区 区議会議員(New!!)
       
      既に複数の会派の議員の方々にご登録いただき、地元の有権者の方々とのコミュニケーションにご活用頂いております。
       
      詳細・利用申込みは以下をご確認ください。
      https://the-issues.jp/seijika.html

      世田谷区議会議員の方々向けの登録受付を開始しました

      2019/7/23

      issuesでは有権者ユーザーの登録が10人に達した自治体から順に市区町村議員向けの登録をご案内しております。現在は以下の自治体で議員の方々のご登録を受け付けております。
       
      ・渋谷区 区議会議員
      ・中野区 区議会議員
      ・世田谷区 区議会議員(New!!)
       
      既に複数の会派の議員の方々にご登録いただき、地元の有権者の方々とのコミュニケーションにご活用頂いております。
       
      詳細・利用申込みは以下をご確認ください。
      https://the-issues.jp/seijika.html

      日経X TECHにインタビューを掲載していただきました

      2019/6/27

      中野区議会議員の方々向けの登録受付を開始しました

      2019/6/22

      issuesでは有権者ユーザーの登録が10人に達した自治体から順に市区町村議員向けの登録をご案内しております。現在は以下の自治体で議員の方々のご登録を受け付けております。
       
      ・渋谷区 区議会議員
      ・中野区 区議会議員(New!!)
       
      既に複数の会派の議員の方々にご登録いただき、地元の有権者の方々とのコミュニケーションにご活用頂いております。
       
      詳細・利用申込みは以下をご確認ください。
      https://the-issues.jp/seijika.html

      月刊「事業構想」にインタビュー記事を掲載していただきました

      2019/6/1

      「普通の人」の声を政策につなぐ ロビイングの新テクノロジー

      https://www.projectdesign.jp/201907/digital-goverment/006549.php

      代表の廣田が超党派の政策提言イベントに登壇しました

      2019/5/14

      代表の廣田が日本若者協議会の主催する「ユース・パーラメント2019」に登壇し、自民党・公明党・立憲民主党・国民民主党・日本維新の会・日本共産党への政策提言を行いました。

      渋谷区議会議員の登録受付を開始しました

      2019/5/8

      issuesでは有権者ユーザーの登録が10人に達した自治体から順に市区町村議員向けの登録をご案内しております。

       

      この度、渋谷区で有権者ユーザーの登録が10人に達したため、渋谷区議会議員向けの登録受付を開始いたしました。

       

      詳細・お申込みは以下からご確認ください。
      https://the-issues.jp/seijika.html

       

      弊社がロビイングをご支援してきた要望が実現見込みである旨が毎日新聞に掲載されました

      2019/4/26

      新宿区立保育施設 園側が紙おむつ処理へ 保護者らの要望実る 今秋にも / 東京

      https://mainichi.jp/articles/20190426/ddl/k13/010/011000c

       

      本件について尽力くださった新宿区政の皆さま、ご協力いただいた皆さまに感謝申し上げます。

      エンジニアtypeに代表のインタビュー記事を掲載していただきました

      2019/4/25

      テクノロジーで政治家が動いた――Webサービス『issues』がリリース8カ月で「使用済み紙おむつの持ち帰り廃止」を実現できたワケ

      https://type.jp/et/feature/10244

      実現につなげる政策アンケートissuesをリリースしました

      2019/3/18

    • CONTACT

      お問い合わせ

      All Posts
      ×